医療相談

  • カゼリックファン
  • カゼリックファン 60代女性
  • 脂漏性皮膚炎と診断されましたが
  • 顔面の目の下から顎までの大部分にブツブツと赤み、痒みを伴う炎症が広がり、約2年前から脂漏性皮膚炎だと診断されています。3軒の皮膚科で診てもらいましたが、どこも脂漏性皮膚炎との事。処方薬もロコロイドクリーム0.1%か、ロコロイド軟骨0.1%のどちらかでした。患部を清潔に保つようにして、処方薬を塗布して1年半が経過しても改善の様子は見られず、ゆっくりと逆に酷くなっていきました。独自にネットで調べ、トップグラフ軟骨(タクロリムス0.1%)が顔など皮膚の薄いところにも使用出来るとあったので塗布しました。使用を始めては休み、を繰り返して半年が経ちます。症状はかなり改善して見えますが、塗布をしばらく止めると赤みが増し、痒みも再発してきます。他に効果的な薬はありますか?それとも、このままトップグラフ軟骨を続けた方が良いのでしょうか?どうぞアドバイスの程を宜しくお願い致します。
    (2019/03/03 21:56)
  • 米国皮膚科学アカデミー認定専門医(FAAD)です。
    脂漏性湿疹は、頭部や顔面にフケ様の付着物を伴う湿疹で成人に多く、鼻の脇、耳の裏、胸前部、脇、陰部など脂質の分泌のある部分に炎症を起こします。原因は皮膚常在菌のマラセチアとされています。
    経過が長いようですが、当初の診断と同じ状態で系消していると... 続きを読む (2019/03/07 10:48)
  • Doctor
  • Doctor